オーディオアミーゴの会 vol.4

いい音で、好きな音楽を聴いてよろしい!という事で 別宅オーディオルームの友人K夫妻宅へ。
この度CDプレーヤーを新調したらしく、CDばかり数枚持って行く。
音の違いが解るような精密な耳は持っていないし、オーディオ(機器)トークも出来ないのに 昔からよくお邪魔してはくつろいで、ありがたいことだ。

今回、絶対に聴きたい!と思っていたのがスフィアン・スティーブンス。やっぱりすごく良かった。あと偽妹のオブモントリオール12"。
あの音でこの曲を聴いたら絶対に良いんだろうな~、と予測していた曲が、実際に鳴らしてみるとそうでもなかったり。録音のレベル(?)だか何だか知りませんが不思議じゃ。

どう?!と訊かれ、的確ないい言葉を捜そうとするのだけど、「音がぶわっ!となるのがカッコ良いね」 など ガックリさせるような陳腐な感想しか述べられず。。。自分のボキャ貧を悔やみます。
家のチープなステレオで聴くと、音が全部1つにぺたーっとして聴こえるのですが、あそこの家で聴くと、違う音がひとつひとつ独立していて立体的に聴こえるのです。まぁ、こういう風に言葉にして伝えたいのですが、いかんせん 感覚的なことをその場で伝えるのは難しく・・・。もごもご。

ファーリーズ、Run awayの7"シングル買っておけばよかったなぁ。悔やむ。

b0067547_1617919.jpgb0067547_16172740.jpgb0067547_16174568.jpg






b0067547_16182090.jpgb0067547_1618424.jpgb0067547_1619592.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-09-16 16:23 | 音楽