Fuji Rock Festival 2009 7/26 (3日目)

明け方に戻ってそのまま眠った私は、宿メンバーの本日の起床時間(9時半)、を知る由もなく。アラームを元気に9時に鳴らす。が、本人だけが目覚めず 皆を起こしてしまうという失態。しかもスヌーズで何度も。すみませぬ。
祭りも今日で最後!と思うと、さみしい。心なしか宿メンバー間にもしょんぼり気分漂う(ただの疲労か?)。
今日は朝からドラゴンドラ乗るぞー(また?!)とゆーことでいそいそと会場へ。
しょんぼり気分を吹き飛ばせ!!

浅井健一 @Green
私はこの人の声を聞くと、どーしても宍戸さん(割礼)を思い出してしまう。で 聞きたくなる。今や音源ありません。
ギターの人がものすごい、土屋昌巳に似てるな・・・でも若いし違うかと思っていたら、やはり土屋昌巳さんであった。サポートしてるの知らんかった。にしても若っっ。どーなっとんじゃ。

ドラゴンドラ今回は宿メンバー数人と。楽しかった!ひゃーとか叫ぶ。山の上ではmatsusaka daisuke。気持ちいい。
ひとしきり楽しんだ後、下山。帰り道は通り過ぎるゴンドラに「この後危ないよ!!」 「クマが出るぞー!」と叫びまくる。笑いすぎて腹いた。


サニーデイ・サービス @Heaven
復活サニーデイ、何から始まるのか聞いてからジミーに移動しようとヘブンへ向かう。ヘブンのピザを求め並ぶ。受け取る直前になって土砂降り。誰だ雨女は。

サニーデイ・サービス、ステージに田中さんと丸山さんがいるのを見て不思議な気持ちになる。とにかくヘブンはすごい人。すごいなサニーデイは。正直、音がたどたどしいような、そんな気がしたのは気のせいか。強い雨のせいか。ずっと見ていたかったんだけど、今回ほんとうにジミーが見たかったので、さよなら!街の恋人たちよ恋に落ちたら恋はいつも の3曲を聞いて、人を掻き分けグリーンへ。あの始まりのベース音が聞けただけでも行った甲斐あったかな。


Jimmy Eat World @Green
あーしかし!ジミーはすでに終盤へと差し掛かっている様子だ。やっぱり最初から見とけばよかった・・・心変わり。テンションにすぐには付いて行けず悔しい。雨が上がった空に向かって sweetness、気持ちよかったー!もっと聞きたかったよ。。。


BRAHMAN @Green
ここにきて疲労がピークに。いすに座って居眠り。。。ブラフマンのことは今まで知らなくて(名前も間違ってたくらいだ)。居眠りから覚醒したころ、ライブはピークを迎えておりすごい熱気。バンドに鬼気迫るものを感じる。丘の上から見ててもダイブの嵐がすごくて、力自慢の外人セキュリティも、その数に追い付けないほど。なんか、すごかった!
モッシュから帰ってきた人の充実した顔が物語ってて良かった!


Fall Out Boy @Green
偽妹Mの予習CDを聞き込んで臨んだFall out。どんとこーい!くらいの意気込みでモッシュピットまで行く。が、いかんせん歌詞まで覚えてないのでスイマセンみたいな気持ちに。だって何かにつけ歌わそうとするんだもの。わかんね。ベースの男前がMC担当のようで、1曲ごとに何か言うのだけど 話が長いので途中でわからんくなる。つくづく、ジミーがフルで見たかった(しつこい)。


Animal Clollective @White
トイレついでにホワイトへ。すごく並んでたので 結構聞けた。これは1人で見ててもつまんないわー、と思い途中で帰る。
Weezerへの民族大移動も始まりかけていたし。


Weezer @Green
来広した時もなぜか見なかったWeezer。全身で楽しむのじゃ!とモッシュピット後方へ。ライブ始まるが、どうも居心地が悪い。少し下がって見ようと 泥んこピットへ。フロア(というのか?)全体が見えてなかなかよい。数曲聞いてから、今度は山からもっと全体を見ようと 基地まで戻る。聞きたかった曲も沢山聞けたし楽しかったけど、ホントに最終日のヘッドライナー?と思うほどあっさり終了して拍子抜け。。。まだまだ演って欲しかったなぁ。


このあたりで 本日撤収組の宿メンバーの人たちとお別れ。さみしい。もっと一緒に遊びたかったなぁ。来年また会えるといいなと思いつつ。
時間もあるので、居残り組の②氏とともにロイクソップ見に移動。途中こける。


Royksopp @White
何気なしに見たロイクソップが異様に良かった!お客さんの色もガラッと変わり、夏祭りの雰囲気。なんかいい。うまく言えないけど。すごく平和なかんじだ。
ロン毛の男前が妙になまっててすてき。ステージ上になんか変な物体が・・・と思ってたらフクロウのかぶりもん!かわいい!ていうかフクロウって判った時の②氏の顔が子供みたいやった・・・。かぶりもんはクールな人をも幼心に変えてしまうのですな。


Besement Jaxx @Green
ホワイトから戻ると、クロージングのBesement Jaxxが始まってる。私はクロージングまでいたのは初めてなのだけど、さすがの集客。どのHLより多かったような。泥んこピットの脇の方までびっしりの人。ベースメントはかなりのアゲアゲでした。曲ごとにお衣装替えがあって、いったい何人いるのや?!と思う。面白かったー。何しろ巧い。そしてここにもかぶりもんが・・・。
ザリガニと妖精の競演?おもしろかった。

居残り組M氏とも途中合流し、Redへ。夜のRed 楽しい。来年はもっと来よう。夜どおし踊りたい。もっとこうしよう、とかもっと予習しとこう、とかそんな事ばかり考える。これからもずっと、こうやって楽しいことが続けばいいな。
9人いた宿も最終的には川の字。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-31 18:53 | 音楽