Fuji Rock Festival 2009 7/25 (2日目)

一日中降り続いてた雨が思い出せないほどの晴天。暑そう。朝から宿のご飯をもりもり食べ、会場へ向かう。

Birthday @Green
基地を作る為グリーンに入ると チバが歌っている。ふつうにカッコ良かった。ふつうに、ってあまりいい意味じゃないのかな。でも私は彼らの音楽は初めてで、強い思い入れとかがない分 カッコイイなーと思って見てた。

ドラゴンドラに乗るためレッド付近に移動。

Funeral Party @Red
ドラゴンドラに乗る前に、レッドで鑑賞。
これは良かった!新人らしいが改めて聞いてみたいと思う。ディスコパンクやらエレクトロやらの要素が入った音はとても好み。

ドラゴンドラがあまりに楽しすぎる!
動物(着ぐるみ)に出会うと、なぜあんなにテンションが上がってしまうのか?抱きついたり。写真撮ったり。山の上ではギターパンダが。
アイスを食べて 若干はらいた。


JET @Green
をチラ見。


COME BACK MY DAOGHTERS @Red
とても人気高い。
持ってく感じが頼もしく。ブレイク前に静止するのがうけた。楽しく聞けた。


TRASHCAN SINATRAS @Red
いよいよトラキャン。最前列でかぶりつき、とかはしません。曲を堪能するのじゃ。セットチェンジの時からメンバー出てきて自分らでセッティング。今日はどんな曲が聞けるのだろう。


Brite Eyes @Red
セットチェンジの時から本人がっつり座り込んで数曲。もう本番始まってるのか?と思うくらいしっかりサウンドチェック。実はライブより、このリハのんが良かった(しつれい)と私は思う。
立ったまま幽体離脱。ごめん。眠さ最高潮。


忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラ @Green
続いてRedでダイナソーを見るつもり、その前に上着を取ってこよう と一旦基地に戻る。すごい人。清志郎のトリビュートでBooker Tが出てる。見ていこう、と思ったら 清志郎さんの映像(2005年@Fuji)がスクリーンに突然出てきて『Jump』。会場全体が歌っているんじゃないだろうか。浜崎貴司とYO-KINGが みんなで歌おうといって『Day Dream Believer』はじまる。なんだかなんだかとてもぐっと来てしまう。 歌詞がせつない。
それからcharやチャボ、甲本ヒロトと真島昌利(きもちE)、UA(スローバラード)、トータス松本、chara、レオナと次々に豪華な人たちが出てきて清志郎の歌をうたう。最後は雨上がり、で〆。
私は人がカバーした曲を聞くと、なんだかやっぱり本人のが一番いいよなぁ、とつい思ってしまうのだけど この日のトリビュートはすごくハッピーで皆が幸せな気持ちになったと思う!そこに清志郎さん本人がいなくても 全然だめな気持ちになんかなんなかった。


Dinosaur Jr. @Red
すでにやり終えた感がある中、レッドのダイナソーへ。
人が多くては入れないぃぃ。ので、サイド入口のフェンスに上って見る。中はダイブ乱れ打ち、みたいになっとる!て言うか全然見えませんが。かろうじて白髪が・・・。
知ってる曲(タイトル覚えれ)も演っとりましたが、清志郎なんやら、の燃え尽き感で 集中力とぎれとぎれ。


Franz Ferdinand @Green
フランツは実はテイクミーアウッ、と他数曲(タイトル覚えれ)しか知らない。ヴィジュアルばかりが話題になってる気がして聞かず嫌い?だったけど、えかった!個人的には昨日のオアシスよりも楽しかった。
照明とか映像とかのステージ構成がしっかり作られててエンターテイメント!じゃった。あくまでも個人的感想だけど、アレックスが お貴族さま的なお顔立ちなのに若干ドンくさ系・・・なのが高感度大。だって「みんなー!」とか叫ばれたら笑けますわ。「ふじろっく!」とか言うんだけど 地域密着型とゆーか、そんな気すらしました。きっと、いい人。
客電に会場が照らされて、山の上までギュウギュウの人たちの手がうねってすごかったなぁ。最後、ドラムのとこにメンバーが集まってドラム乱れ打ち。おんでござかと思った。
愛すべきバンドだ。アルバム買うぞ。


ライブがひと通り終了後、オアシスにて広島県人会。私はほとんど知ってる人がいなく、少々キンチョー気味。感じ悪くなければよいが(表情筋うすい)。
ひとしきり話した後、宿へ向かう。途中で友人から飲みのお誘いかかったので再びオアシスへ。こういう身軽さが久しぶりで楽しい。
結局5時くらい?まで飲んでたか。よぼよぼと宿へ。




1. 田舎へ行こう(ビデオ映像) 
2. 2時間35分〜シュー(泉谷しげる)
3. In The Midnight Hour (Steve Cropper / Booker T.Jones /
  Wilko Johnson / Norman Watt-Roy)
4. (Sittin' On) The Doc Of The Bay (同上)
5. Jump (忌野清志郎-ビデオ映像) 
6. ロックン・ロール・ショー (Char)
7. Day Dream Believer (浜崎貴司 / YO-KING)
8. スローバラード (UA)
9. Baby 何もかも (トータス松本)
10. Remember You (甲本ヒロト / 真島昌利) 
11. キモチE (甲本ヒロト / 真島昌利)
12. いいことばかりありゃしない (仲井戸麗市)
13. 君が僕を知っている (仲井戸麗市/Chara/Leyona)

アンコール
14. 雨上がりの夜空に (全員で) 
15. Oh RADIO (VIDEO)
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-30 15:20 | 音楽