右とか左とか

初のバリウムは難なくクリア。
飲みにくい、つらいとよく聞いていたので緊張していたけど、意外にもおいしいと感じてしまった。
飲んだ後にすごくカッコ良い装置に乗っかり、斜めになったり逆さになったりしますよーと言うので期待していたのに、実際に動くのは自分でだった。もっとグルングルン装置が動かしてくれるのかと思っていたが。個室でひとり、必死に回転してる自分が滑稽に思え 照れ笑い(誰も見てない)。

『右/左』 が苦手なので、「はい、次は右を下にして」とか言われてもささっと動けないのがちょっと。。。コッチとかアッチとかで言ってくれ!と思う。
ウィーンと動く装置の脇に、バリウムのコップホルダーとティッシュペーパーがくっつけてあり、機械が斜めっても大丈夫なようにしっかり固定・可動式になっていたのに妙に感心す。

待ち時間が結構長かったけど、待合室がきれいで本もたくさん置いてあって退屈しなかった。自分でも持ってる雑誌でも 家で読むより全然じっくり読めたりして。情報誌なんかは案外ちゃんと読めていないもんだな、と思った。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-03-17 00:23 | ひとりごと