映画/モーターサイクルダイアリーズ

キューバ革命とか共産主義とか、時代背景や政治的背景が解っていないので ほんとうには理解出来ない部分があったように思う。
エルネスト・ゲバラのことも、写真よく見かけるなーというくらいで 彼の功績などはあまり知らないし。
しかしゲバラの伝記的な物語、ではなく ひとりの人物が旅を通して感じた何か、という物語としてみたら非常に興味深い内容。
主演のガエル・ガルシア・ベルナル、彼の魅力で2時間強も真剣に見れたような気が、すごくする。
何かきっかけが重なっただけで、人生の進み方が大きく変わることってある。
そういう映画。
b0067547_14432317.jpgラストが良かった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-17 14:40 | 映画