とくいの現実逃避

久しぶりに日記を書いてみる。

2日は会社で人事異動の発表。
毎年 3月初日になると、みな社内に揃い、辞令を待つあの緊張感。ガックリする人と、喜んでる人とでザワザワしはじめ、方々で内線が鳴りだすあの独特の空気は、来年はもう見れないかーと思うとやっぱり淋しい。

ついに最後(仕事)の月、3月に突入。はやいなぁ。
引継ぎの書類なんかを作っていても全然実感がわかず。というか 忙しくあれこれ頑張ってもなんかねーつうか無力感とゆーか。
あとひと月、出来ることを頑張ろうと。思いまふ。

しかしこの辞令ひと言で、人生が大きく変わる人が沢山いるなーと。毎年思う。転勤族の奥さんなんて、自分の意思とは関係なく 翌月には全く知らない所へ引っ越さないといけなかったりするもの。がらり生活変わるのは今回ばかりは他人ごとじゃないよ、ていうか じ、自分よ、なんだけど。

一緒に終了になる人たちが それぞれ次の仕事先を探しているなか、私はまだ先のことが具体的に考えられず いまだに何もしていない。焦らなすぎか。家族や同僚には急かされているけれど。。。
ホントに仕事ないよ、て聞くので そろそろ何とかせねばやばいか。ただ、生きてるだけでお金かかるし。
先週は何だかめそめそしてしまい、しんどかった。なんでもさっと決めていけないので不安になるのは自分のせい。
まぁ一寸ゆっくりして・・・なーんてゆとりはないので、動き出さねば。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-03-03 18:08 | ひとりごと