デスキャブ

Death cab for cutie @Studio Coast
2009.2.14


土曜日はデスキャブを見に、東京まで。
夕方までブラブラ楽しんで、1日が終了するか?くらい満喫したのち、新木場のスタジオコーストへ向かう。

開場から20分も経たないのに、フロア部分はすでに埋まっており焦る。
階段の上から大人見する~?と言っていたけれど、やっぱり前で見ることに。ぐいっとフロア中ほどへ。

ものすごく楽しみにしていたので、1曲目がスタートしてすぐ、うぅ、となる。
もう、田舎から出てきてるので 期待度が半端じゃないのです。
一緒に見てる偽妹Mもきっと うぅ、てなってるはず、と思うけど振り返らない。
この頃おかしい事になっている涙腺。好きな曲が始まる度に、うぅ、となる。

ベン・ギバードの声量が少ない(?)せいか、全体的に音が小さい気がする。初めて振り返って、偽妹に「音が小さいね。うぅ。」と言い合う。
"Crooked Teeth" や新譜からの"Cath..." ほんとうに良かった。
アンコール、"Title and Registration"のイントロ流れた時、ふがってなりました。
なんかもうライブ中なにがどうなった、とか覚えてない感じですが、それくらい感動したのでした。偽妹Mの方は1回振り返ったきり、個々に、それでも楽しみを共有した気がして楽しかった。

真隣りにノリノリマンチェ少年みたいな人がいて、最初は周りも温め 活躍してるね、と微笑ましく思っていたのだが、大名曲"I Will Follow You into the Dark" にて 静か~にみんなが聞き入っている中、さいごのさいごのさいごのさいごまで、私の耳の真横でハンドクラップしてた時にはあっち行け、って思いました。勝手ね・・・。
最後の曲 "Transatlanticism" が始まり、しんみりとしているとこ、エアベズ野郎が あぁ終わるねぇ・・・とつぶやくので 心の中でやかましいわ!と思いました。そのくらいです。
耳の真横で歌われたけど、ライブが良かったので吹き飛んだのでした。

もっとブリブリした音を期待していたのだけど、逆に音がよかったから そんなに爆音に聞こえなかったかな?ライブを見て痛感したのは、とにかくやっぱり楽曲が良いってこと!



01. Bixby Canyon Bridge
02. The New Year
03. Why You'd Want to Live Here
04. Crooked Teeth
05. President of What?
06. Company Calls
07. Grapevine Fires
08. Title Track
09. Soul Meets Body
10. I Will Follow You into the Dark
11. I Will Possess Your Heart
12. Cath...
13. Fake Frowns
14. Long Division
15. The Sound of Settling
---encore---
16. Your Bruise
17. Title and Registration
18. A Movie Script Ending
19. Transatlanticism
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-02-14 17:41 | 音楽